vivo X50 (V2001A,中国版) | スマホ博物館

  • 発売日
  • 2020年06月06日
  • 画面サイズ
  • 6.56インチ
  • (横幅 : 75.39mm)
  • 重量 : 173g
  • メインカメラ画質
  • 4800万画素
  • Antutu : 325,000点
インフォメーション
製品名vivo X50
メーカーvivo
ブランドx
OSAndroid 10 (Funtouch OS 10.5)
発売日2020年06月06日
定価

RAM ROM : 価格
8GB 128GB : 54,100円(3,498CNY)
8GB 256GB : 60,300円(3,898CNY)

ネットワーク
2GGSM 850, GSM 900, GSM 1800, GSM 1900
3GB1(2100), B2(1900), B4(1700), B5(850), B8(900)
4GB1(2100), B2(1900), B3(1800), B4(1700/2100), B5(850), B8(900), B34(2000), B38(2600), B39(1900), B40(2300), B41(2500)
5Gn1(2100), n3(1800), n41(2500), n77(3700), n78(3500), n79(4700)
ドコモ4
G
◯B1(2100),B3(1800)5
G
n77(3700),n78(3500),n79(4700)
au◯B1(2100)n77(3700),n78(3500)
ソフトバンク◎B1(2100),B3(1800),B8(900)n77(3700)
楽天B3(1800)+auエリア(Band18のみ)n77(3700)
記号の意味◎田舎までOK / ◯都会地上ならOK / ☓使えない
筐体
サイズ159.54 x 75.39 x 7.49mm
重量173g
材質アルミニウム
カラーブラック, ブルー, ピンク
SIMサイズnanoSIM
SIMスロット2枚(DSDS, Volte)
防水性能なし
ディスプレイ
サイズ6.56インチ
解像度2376 x 1080 px
比率20:9
ノッチパンチホール
種類OLED
リフレッシュレート90Hz (タッチサンプリングレート:180Hz)
ハードウェア
CPUSnapdragon 765G
RAM8GB(LPDDR4X)
ROM128GB, 256GB(UFS2.1)
指紋認証画面内
顔認証あり
microSDなし
USBUSB Type-C
Wi-Fia, b, g, n, ac
Bluetooth5.1
GPSA-GPS, Beidou, Galileo, GLONASS, GPS
技適XおサイフケータイXNFC
ワンセグXフルセグXFMラジオX
耐衝撃X特殊ボタンX特殊機能X
アウトカメラ
レンズ1 4800万画素(通常レンズ) ソニーIMX589, F1.6, 1/2インチCMOS
レンズ2 800万画素(超広角レンズ) ハイニックスHI-846, FOV120º, F2.2, 1/4インチCMOS
レンズ3 1300万画素(深度レンズ) サムスンS5K3L6, F2.48, 1 / 3.1インチCMOS
レンズ4 500万画素(マクロレンズ) F2.48,
手ブレ補正動画撮影時:光学手ブレ補正(OIS)
アウトカメラ機能4k30Fps,720p480fps
インカメラ
レンズ1 3200万画素(通常レンズ) サムスンS5KGD1, F2.48, 1 / 2.8インチISOCELL
サウンド
スピーカーモノラル(旭化成製AK4377A搭載)
3.5mmジャックなし
バッテリー
容量4200mAh
急速充電33W()QiW
逆充電有線:W , 無線:W
その他
付属品ケース(TPU)/イヤホン/急速充電器/USB Type-C充電ケーブル/
備考欄

ディスプレイはHDR10およびHDR10 +をサポート(ピーク輝度-1300 cd /m²)

DxOマーク点数は未登録

インカメラの動画性能は不明

ベンチマークは不明

ベンチマーク
Antutu
(Ver 8)
325,000点 [CPU:, GPU:, MEM:, UX:, AI:]
Geekbench
(Ver )
シングル:, マルチ:, COMPUTE(OpenCL):, COMPUTE(Vulkan):,
クリックで動画表示
YouTubeでvivo X50を検索
クリックでレビュー表示

ネット上の声

  1. これはスマホの今後の方向性を示す1台になるかもしれませんね。androidは使う人が特化したものを買えるところもポイントなので スマホに高性能カメラではなくカメラにスマホの機能が付いているとか ゲーム機にスマホの機能が付いているみたいな世の中になって行くのかもしれませんね。
  2. VivoX50はIMX586なのか、残念。噂はデマか。 こりゃ、vivo X50 Proのほうがはるかに面白いスマホになりそう。
  3. Vivo製品にしては珍しく高めの価格設定だと思います。今まで5万円超えることって珍しかったのに。
  4. 素晴らしいのはX50Proだけ。他は高すぎる!OSがダメだと思ってるけどカスタムRomを入れれば問題ないです。
  5. 湾曲ディスプレイよりもフラットディスプレイが好きだから、これはいい!
  6. 見た目は良いけど、Honor、Xiaomi、Realmeなどのライバルに比べて少し高すぎます

ポイント

良い点気になる点
  • 高音質旭化成製AK4377A搭載
  • 173gと軽量
  • HDR10+高画質ディスプレイ
  • 90Hz有機ELディスプレイ
  • 5G対応
  • 33W高速充電
  • クアッドカメラ
  • プラチナバンドはソフトバンクのみ対応
  • +12000円ジンバル搭載のX50Proが手に入る
  • スペックの割に高価(54100円から)
  • コスパは微妙

まとめ

疑似ジンバルで話題となったX50Proの下位モデルです。

しかし疑似ジンバルがついているのはx50Proだけであってx50にはついていないのが残念なところです。
カメラは4つのレンズを搭載したクアッドカメラになっています。
メインカメラは4800万画素のIMX589、非常に高解像なため、拡大してもきれいな写真が撮影できます。さらに800万画素の超広角レンズなども搭載していますが、こちらはセンサーサイズが1/4インチと小さいため、画質は期待しないほうがいいかもしれません。望遠レンズはは光学で2倍、デジタルでは20倍のズームが可能です。マクロレンズは被写体に1.5cmまで寄ることができます。ここまで寄れるのはかなり珍しいです。SNSでの共有には十分なカメラ性能でしょう。

価格は54,100円からと、スペックの割に高価

あと12000円ほど払えば疑似ジンバルを搭載したX50Proが購入できることや、5万円を超える価格なのにSoCがミドルスペックなことを考えると、コストパフォーマンスに優れた端末ではない気がしてきます。snapdragonを搭載した5G端末は非常に高額なようです。

軽量で5G端末が欲しい、そして写真をよく撮るという方にお勧めです。

寄稿者:技術箱

購入先
公式サイト




【 85,889円 】 Vivo X50 Pro 5G CN Version 6.56 inch FHD+ Android 10 90Hz Refresh


【¥58,095 (税抜き)】Vivo X50 5G Dual-SIMCN with Google, 8GB/128GB, Blue
【¥73,785 (税抜き)】Vivo X50 Pro 5G Dual-SIMCN without Google, 8GB/128GB, Blue
【¥60,120 (税抜き)】Vivo X50 5G Dual-SIMCN with Google, 8GB/128GB, Black
【¥57,135 (税抜き)】B-Stock Vivo X50 5G Dual-SIMCN with Google, 8GB/128GB, Black
【¥80,095 (税抜き)】Vivo X50 Pro 5G Dual-SIMCN without Google, 8GB/128GB, Black


【36,410円】【新品未使用未開封】realme x50 5G

Notifications

vivo X50

vivo X50専用の掲示板です。

ここにトピックは見つかりませんでした

Share:

タイトルとURLをコピーしました